新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

買い主との売買契約

不動産会社のとの交渉により、買い主との商談がまとまった際には、売買契約を行います。売買契約の際には、買い主から手付金が支払われますので、売主はこの手付金を購入代金の一部に充当することができます。不動産会社との契約書内で仲介手数料の支払い時期はしっかり把握しておくようにしてください。

 

売買契約を締結すると最後に引き渡し(残代金授受)があります。それ以外にも登記の変更や、鍵の引き渡しなどもありますので、不動産会社の指示に従って直前で慌てることのないように準備してください。引き渡し前の準備としては、【住宅ローンの完済手続】【引っ越しの準備】【必要書類の整理】などです。

 

ここまでに至るにはやはり不動産会社の真摯な対応が必要です。手続上の漏れがあったり、買い主を不安にさせるようなことがあってはならないのです。買い主との交渉や条件などを随時報告してくれる不動産会社ならば問題はありませんが、多数の物件を抱えている営業マンがどの程度しっかり対応してくれているかが、重要なポイントとなります。

 

買い主には、売却する物件に満足していただけるように対応すべきだと思います。逆に売主としても、より良い条件で売却をしたいと思うのは、当たり前のことです。契約内容自体は不動産会社に任せることになるのですが、しっかりと内容を確認することが大切です。(なかなか契約条項を理解することは難しいと思いますが・・)

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市