新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

手付金

マンション買い替えの際には、買い主が必ず必要となります。ただし、口頭や契約などで、買い主を決定するのは、よろしくありません。必ず、購入する意思があるということを守るために手付金を支払ってもらい、売主の権利を確保することが目的だといえるでしょう。手付金は、契約書の明記如何によらす、解約手付、証約手付、違約手付の意味を持ちます。

 

解約手付は、手付を受け取った買い主が理由があって解約する際に、その手付金を支払うことにより自ら解除できるという仕組みです。

 

違約手付は、債務を履行しなかった場合に、契約違反の罰則として手付金を没収できるということです。この罰則金は、損害賠償とは異なり、別に請求する形になります。仮に、手付金の契約を締結していたにも関わらず、買い主が契約を守らなかった場合は、売主は損害賠償請求ができるのです。ただし、契約条項の中に損害金額が明記されていない場合は損害賠償を計算することが難しくなるので、債務不履行に備えてあらかじめ、契約の際に損害賠償を設定すべきです。

 

そもそも手付金は契約の報酬や売却価格の一部という意味合いを持ちます。売買の当事者の合意のもとで取り決めるものですが、仮に買い主が解除してしまった場合などには、手付金を放棄してもらい、ペナルティーとして買い主から手付金を受け取る形になります。

 

手付金は当然物件を購入する際には必要なものですが、売却する側にとっては手付金を買い替えのマンションの源資とする場合が多いので、売買する両者にとってはしっかりと判断してもらいたいと思います。手続上で争いが起こることは極力さけたいものです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市