新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

返済

物件の価格にはとてもシビアなのに、住宅ローンは安易に選ぶ人も少なくありません。検討次第では金利負担も返済期間も劇的に変わりますので、しっかりと住宅ローンを見極めてください。

 

住宅ローンの種類は大別すると金利が、【変動型】、【固定型】、【固定金利選択型】の3つになります。いずれもメリットとデメリットがあります。

 

例えば固定金利型は、金利上昇リスクを避けられますが、適用金利は最も割高です。しかしながら変動型や固定金利選択型が将来にわたり低金利という保証はありません。それぞれの特徴を理解し長期的な視野で選択していただきたいものです。

 

金利水準が底に近い現在、「長期固定が安心」「変動金利は危険」との見方が強いです。しかしながら、変動型には全期間1.5%優遇というローンもあります。

 

簡単にそれぞれのタイプの説目をしますと、【変動型】は金融情勢に応じて半年ごとに適用金利が見直され、常に金利が上下する可能性を持ちます。しかし毎月の返済額は5年間固定でそれまでは返済額に占める利息の割合で調整されます。

 

【固定型】は契約時の適用金利が変わらず、長期的プランを立てやすいですが、金利が下がっても恩恵を受けられません。住宅金融支援機構と銀行などが提携した「フラット35」などが代表的です。

 

最後に【固定金利期間選択型】です。これは適用金利が一定期間は固定され、満了後はその時点の金利で固定期間選択型か変動型を選択できます。期間は2年から10年以上まで各種あり、お得なキャンペーン金利はこのタイプが多いです。

 

以上が3つのタイプの特徴ですが、しかしながら、どのタイプでも、まずは極力短期間で返済をすることです。35年返済を選択する場合が多いようですが、3000万円の借り入れで5年間返済期間を短くすれば、約300万円もお得になります。

 

購入する際の年代により収入や家族構成が異なりますので、年代に応じて、より良いローンを組んでいただきたいと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市