新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

ペット利用の可否

現在のペットブームの中、ペットを飼えるマンションを探す方も多いと思います。しかしながら、日本の場合はペットを飼えるマンションは限られており、禁止されている場合も多く見られます。海外の事情を調べてみると日本以外の国ではペットを飼うことを禁止しているケースはほとんどないとのことです。

 

マンション不況ということもあり、現在の新築マンションではペットの飼育可、また既存のマンションでもペット不可から飼育可に変更しているケースも目立つようです。

 

なぜペットを飼うことが禁止されるのでしょうか?これはペットが悪いわけではなく、買い主のマナー・モラルの問題です。また、契約上ペットを飼うことは不可とあっても、内密にペットを飼う方もいます。これだけは避けていただきたいと思います。長年住むマンションならばペットが理由で、ご近所の皆さんとの揉め事が発生し、ご自身自体が住みにくくなると考えられるからです。

 

マンションには、【ペット(コンセプト)マンション】【ペット共生マンション】なども存在します。このマンションには、いくつかのペット用の共用設備が設けられていたり、買い主を管理・サポートしたりする仕組みがあります。契約時にしっかりとペット共生可能と明記されていれば問題はないと判断しがちですが、必ずしもペットを飼う住人ばかりではありません。

 

私自身もペットを飼いたいと思っていますが、禁止されていますので、今のところ無理です。ペットを飼うことを可能にするためには、まずは買い主のマナー・モラルが最も大切です。臭いや鳴き声など如何ともしがたいこともありますが、それでも最低限の対策をすべきです。管理組合や管理会社としっかり検討することが必要です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市