新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

買い替えのタイミング

買い替えのタイミングはやむなく買い替えをせざるを得ない(家族構成の変化・転勤)場合がほとんどだと思います。また、ご近所との関係が悪化して、別のマンションに転居したいなど理由はさまざまです。金銭面(ローン完済期日・経済的な余裕など)での要素もあります。

 

前項でも申し上げたとおり、売買のタイミングが今後の資金計画に多大な影響を及ぼします。売却代金を買い替えマンションの資金に充当する場合が多いのですが、売買のタイミングが思い通りにいかないことが実状です。

 

資金計画が大切な要素となるのですが、購入を先にしてから自宅の売却をするケースが多いようです。購入が先ならば、希望通りの物件を見つけられる可能性は大きいですが、肝心な売却価格が決まっていない場合は、いくら資金計画をたてていても、無駄に終わることもあります。

 

不動産会社の査定通りに今のマンションを売却できると思い込み、安易な資金計画をたてるのはリスクも高く、後悔をすることも頻繁にあります。予定通りにマンションを売却できることが一番で、売れない場合には相場とは異なる価格で売却しなければなりません。このようなリスクを避けるために買い替えの際には、購入資金が確定したあとに、資金計画を立てるのが無理のない買い替え方法と言えます。

 

売買のタイムラグでのリスクを極力回避するためには、売買とも同じ仲介業者に依頼することが必要です。売却が先であれば、仲介部門を有するデベロッパーは、新築マンションを購入して欲しいと思う選択肢もありますので、なるべく有利な売却条件となるよう対応してくれる場合も多いです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市