新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

介護型

少子高齢化の問題は、私達の社会に様々な影響を与えています。要介護の高齢者をサポートする為に、政府は介護施設を拡大させる方針を打ち出していますが増え続ける需要に対応しきれていないのが現実です。

 

公営の介護施設に加えて民間の介護施設も増えつつありますが、これらの介護施設と一線を画するのが介護型の分譲マンションになります。

 

この介護タイプのマンションは法律で明解に定める規定がないので、介護付き分譲マンションやシルバーマンション、高齢者ケア付きマンション等の様々な呼称が存在しています。これらの介護マンションは、分譲価格の他に様々な介護サービスを含んだ管理費を支払う形が一般的になっているのです。

 

専有住居の特徴としては、バリアフリー仕様の居室や緊急用のコールボタンの設置、車椅子利用を考慮した動線の確保、高齢者でも使いやすい設計の浴室やトイレ等が挙げられます。他に共有施設としては、居住者の為の専用食堂や大浴場、ホビールームやゲストルーム等が設置されている介護マンションが多く、診療所が付設されているところも増えてきています。

 

勿論、マンション内にはケアスタッフによる各種サービスも含まれています。通常のマンションに比較して各施設の建築費が加算される為に分譲価格は高額になる傾向がありますが、他の有料介護施設と違って自分の資産として活用出来る大きなメリットがあります。様々な介護施設の中で資産の確保と優れたサービスを兼ね備えた介護型の分譲マンションは、今後更に拡大を見せると予測されているのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市