新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

資金計画

現在賃貸住宅に住んでいる方々は毎月の家賃を払っていますが、この家賃は住んでいる限りずっと払い続ける事になります。東京近郊で家族4人で住む事に適したファミリータイプのマンションだと、最低でも15万円以上の家賃になるのではないでしょうか。これだけの家賃を払い続ける位なら、いっそ分譲マンションのローンを払った方が得策と考えて購入を検討される方が多いようです。

 

バブル期に比べて価格が安定してきたと言われる分譲マンションですが、それでも高級マンションと呼ばれる物件になると数千万円以上の資金が必要になってきます。実家からの資金援助が見込めたり多額の貯金があったにしても、現金一括での購入が難しいのが一戸建てを含めた分譲住宅なのです。

 

一般的に分譲マンションを購入する場合には住宅ローンを利用される方が多いのですが、頭金に出来る金額と住宅ローンの返済額を細かくシュミレートする事をお勧めします。金融機関のローンの審査基準は以前に比べて厳しくなっていると言われていて、申し込む前には慎重な資金計画が必要なのです。

 

また、住宅取得には住宅価格以外にも幾つかの諸費用が必要になってきます。まず、取得時には印紙税や登記費用、仲介手数料、団体信用生命保険の保険料、分譲マンションの場合の修繕積立一時金等が必要で、購入後には賃貸の時には必要がなかった固定資産税が課税されてきます。物件によっては諸費用だけでも相当な金額になるので、余裕を持った資金計画が求められてくるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市