新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

住宅ローン審査

マンションに限らず分譲住宅を購入する時に、先ずクリアしなければならないのが資金の調達です。

 

都心の高級マンションともなれば5000万円を超す価格が珍しくありませんが、この高額物件を現金一括で購入される方は殆どいないと思います。親からの資金援助があったとしても、殆どの購入者は頭金以外の残額を住宅ローンの融資を受けて購入計画を立てるのです。

 

バブル期に比べて分譲価格が随分と手頃になった感のある分譲マンションですが、住宅ローンの審査は逆に厳しくなっていると言われています。

 

バブル期には高騰する土地価格を見込んで、不動産を担保とする融資に積極的だった金融機関は、そのバブルの終焉によって膨大な不良債権を抱える事態に陥っていました。金融機関によっては、その負担に耐え切れずに破綻を迎えたケースも少なくなかったのです。この痛手は、現在でも融資の審査基準に大きな影響を及ぼしているのです。

 

この住宅ローンの幾つかの審査条件を挙げてみます。

 

まず、対象物件の担保評価額と返済負担率、申し込み者の年収や年齢、個人信用情報、雇用形態と勤続年数等が詳しく審査され、他に健康状態や金融機関との取引状況も考慮されていきます。一度住宅ローンを申し込んで否認になると、次回から不利になるので事前の周到な準備が大切になってきます。

 

また、サラリーマンと違って自営業者は一般的に審査が厳しくなる傾向があります。これは、経営の安定している会社に勤務しているサラリーマンよりも将来的に収入の予測が立てにくい事が影響しているからです。

 

自営業の場合は、前述した審査条件に加えて過去数年間の決算書や納税状況の提出も求められるケースが多いと言われています。数千万円にもなる融資に金融機関が厳しい審査をするのは当然で、融資を申し込む側とすれば慎重な融資計画を立てる事が必要とされているのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市