新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

専有面積

分譲マンションを比較する場合によく使われるのが「専有面積」と言う言葉です。マンション等の集合住宅では、個人的に使用出来る部分と共同で使用する部分がありますが、この内で、個人使用が出来る部分を専有部分、マンションの所有者全員の共同で使用するのが共有部分と言われているのです。先に述べた「専有面積」とは、この専有部分の面積を意味しています。

 

具体的に、この専有部分とは、区切られた居室内と台所、洗面所や給湯設備、壁紙、天井や床等の内装部分、電話や電気等の配線になります。この専有部分を全て含めた面積が専有面積になり、分譲マンションを購入した場合は入居者固有の財産になるのです。対して、共有部分は専有部分以外の建物の付属分となり、廊下や屋上、エレベーター、エントランスホール、駐車場がこれに相当します。よく誤解されるのが、居室であっても玄関扉や面格子、窓枠や窓ガラス、網戸等は共有部分になるので注意が必要です。

 

分譲マンションの場合には、専有面積は2通りの計算が使われています。まず「壁心面積」と言われている、壁の厚みの半分を境界にして内側を面積として計算する方式。そして、もう一つが「内法面積」と呼ばれる壁の内側の実際に使用する室内面積になります。建築基準法では「壁心面積」が、不動産登記法では「内法面積」が正式な面積計算になりますが、分譲マンションの広告では原則的に「壁心面積」で表示する事になっています。

 

高級マンションによってはロフトがある場合がありますが、一定の建築基準法を満たしていればロフトは専有面積に含まれていません。ただ、居室にはなりませんが、ロフトとして活用出来るスペースがあるならばメリットは大きいと言えるでしょう。マンションの売買は、この専有面積が価格のベースになります。物件を比較する場合は、この壁心面積の理解が必要と言えるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市