新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

管理費と修繕積立費

分譲マンションには一戸建ての場合には発生しない毎月の維持費用が必要だと言われています。それらは賃貸契約が必要な駐車場と管理費、そして修繕積立費になります。この内の駐車場に関しては月々の使用料として徴収されるので分かりやすいのですが、管理費と修繕積立費はマンションによって様々な設定になっていて曖昧な部分との指摘もあるようです。

 

この二つを一般家庭の家計に置き換えると、管理費が月々の生活費、修繕積立費が万一の時の為の貯蓄と言えるでしょう。

 

管理費は、マンションを維持保存する為に区分所有者全員で負担するもので、この内訳には公租公課や共有設備の維持費、清掃費や管理人の人件費等が含まれています。いわゆる、マンションの日常的な管理にあたる定期的な点検や清掃、少額の修理費用がこの管理費から支出される事になるのです。

 

一方の修繕積立費とは、管理費の項目に含まれない10〜15年程度に1度行われる大規模な修繕工事の為に積立てられる費用になります。

 

管理費と修繕積立費は一戸建てには不要と書きましたが、少し語弊がありました。一戸建てにも経年劣化に伴う修繕が必要なのはマンションと同じですが、費用負担は各自なのでマンションのように入居者全員で計画的に費用を徴収する必要がないだけなのです。

 

管理費に関しては、マンション全体の規模と入居者数によって算出されていますが、修繕積立費は将来的な予測が立てにくい側面があり、一律管理費の一割程度と設定されているケースが多いようです。ただ、近年のマンションの大規模な修繕工事は耐震対策を盛り込む事が多く、従来の修繕積立費では不足する場合が増えています。この状況を受け、今後は管理費と修繕積立費の負担割合の変化が予測されているのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市