新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

若夫婦

分譲マンションの購入層の中心は30代前後の若いご夫婦と言われています。結婚後の数年間は賃貸で暮らし、その後の貯蓄や実家の資金援助等で頭金を用意してマンション購入の検討を始めるパターンです。お子さんがいらっしゃらないご夫婦だと奥さんも働いているケースもあるかと思いますが、いずれにしても将来的には子育てを想定した住居探しになります。

 

この子育てを考慮に入れたマンションの選択のポイントは、マンション自体よりも周辺環境になります。いくら高級マンションでも、エリアによって周辺の雰囲気は様々です。下町特有の気さくな雰囲気が好きな人もいれば、落ち着いた街並みが好みの人もいます。街にはそれぞれの顔があるのです。では、子育てに適した環境とはどう言ったものでしょうか。

 

まず、周辺の幼稚園や小学校等までの距離が問題になります。公立の小学校や中学校には学区制度があり、道路一本隔てただけで遠い学校に通学しなければならないケースがあるのです。また幼稚園と言うのは、幼稚園か通園バスの停車位置まで父兄の送り迎えが原則になります。遠隔の幼稚園だと、それだけ家族の負担になる事を考慮しなければなりません。

 

次に必要なポイントは医療機関です。もちろん大人でも健康を損ねる事はありますが、乳幼児は些細な事ですぐ体調を崩してしまいます。そんな時に、夜間や休日診療の体制のある近隣の病院の存在は本当に心強いものです。

 

そして、安心して子供を遊ばせる事の出来る公園や緑の多い自然環境があれば更に子育てに適していると言えるでしょう。入居してからでは環境は選べません。マンション購入を検討する段階の周辺環境の慎重なチェックは、新しい生活への欠かせない作業なのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市