新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

家族の事情

「家族の事情」のタイトルのイメージからすると何やら深刻めいた感じですが、ここでは家族構成やそれぞれの家族のライフスタイルに沿ったマンションの選択条件になります。家族の最終単位と言うと二人からになりますが、ご夫婦や親子、兄弟等がミニマムな家族構成になります。勿論、購入者が誰であれ、同居には恋人との同棲や友人とのルールシェアの場合もあるでしょう。

 

高級マンションの購入層が比較的収入の高い方と言うのは勿論ですが、その年齢層は様々です。一般的に高額な物件を購入するのは資産を持っている高齢者か、30〜40代の富裕層をイメージしますが、最近では20代でも高収入の単身者の方が高級マンションの購入を検討されていると言われています。

 

このような若い単身者の場合だと、やはり都心優先のロケーションで、同じ専有面積でも広い間取りを好む傾向のようです。つまり、2DKよりも1LDKを選択するパターンです。逆に高齢者だと、緑の多い落ち着いた周辺環境を望まれるのです。また、購入するマンションに永住する予定か、将来的に転売を視野に入れるかでも物件の選択基準が変わってきます。

 

高級マンションに限りませんが、最初に不動産物件を購入する一次取得者と言うと30代の夫婦が多いと言われています。この年齢層の夫婦は、現在小さいお子さんがいるか将来的に子供を作る予定の家族が多いのですが、幼いお子さんを想定したマンション選びのポイントがあります。

 

まず、ママの目線のマンション選びでポイントの高いのが、キッチンから子供のいるダイニングやリビングが見守る事が可能な間取りです。ヨチヨチ歩きを始めた子供には、転倒や誤飲等の思わぬ事故の危険性が付き纏っています。対面キッチンのような構造だと、調理をしながらでも子供の安全を確認出来るのでママの立場からすると1番欲しい設備かも知れません。

 

同様に子育ての観点から言うと、収納の多さや清潔で安全な室内環境や機密性の高さ、近隣に教育施設や公園等がある等の周辺環境が望ましいと言えます。ただ単に間取りや価格にとらわれず、それぞれの家族のニーズに合った物件選びが後々の住み易さに繋がってくるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市