新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

都市計画に基づく緑豊かな周辺環境

日本という国にとって災害に強い都市づくりというのは大きな課題の一つです。最近では乱立密集していた大都市圏のビル群を老朽化したものから順に都市計画の見直しとして統合し、一つの大きな敷地としてスマートビルとして再建築する事が進められています。

 

タワーマンションもこうした都市計画に乗っ取った形で建設される事が多く、災害時に高層ビルが倒壊しない様に免震構造で建てられたり、ビル周囲の敷地には広い遊歩道や公園が整備され、植樹を行う事で周辺環境へ配慮するなどの工夫が成されています。

 

こうしたタワーマンション周囲の緑地化は景観を良くして住民が暮らしやすくなるばかりで無く、空気清浄やヒートアイランド現象の抑制にも役立つと言われています。

 

またタワーマンション周囲に広い公園や遊歩道を設置する事で災害時に安全な避難ルートを確保する事が出来ます。倒壊する低いビルのあいだを逃げるより倒壊しない高層ビルの付近に居る方が安全なのは言うまでもありませんね。

 

また高層ビルのあいだを吹き抜けるビル風はやっかいな存在でしたが、最近ではこのビル風を利用して都市部の気温上昇を抑制しようという都市計画にも着手されています。つまり風量を計算して敢えてビル風が吹くように風の通り道を作り、その周囲に植樹する事で都市温度の上昇を食い止めるのです。

 

更に高層ビル周辺への植樹は地盤の安定化にも貢献しています。特に埋め立て地などは地盤沈下や液状化現象などの被害を被る可能性が高いため地盤の安定化は今後の都市計画の課題でもあります。こうした事態を効率よく抑制するためにも積極的な緑地化は注目されているのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市