新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

エコ&省エネ住宅

東日本大震災と同時に起きた福島第一原発事故の影響で「節電」に対する意識は日本中を駆け巡りました。電力不足が招く生活不安というものを戦後初めて日本中の人が実感した出来事だったのではないでしょうか。

 

また同時に原子力発電所が起こす事故の恐ろしさを実感した出来事でもありました。原発事故から1年が経過した今日本国内は現在活動停止中の原子力発電所再可動問題で揺れています。福島の事故を見ると原発は全て廃炉に、という声が上がる一方で、原子力発電所が賄う膨大な電力量を補う代替エネルギーが無い現状では休止中の火力発電所を再可動させる以外に道はなく、そうなると温室効果ガスによる地球温暖化問題と化石燃料の消費が加速しやがて深刻な燃料不足を招く事は目に見えているとされています。

 

火力発電の原料となる原油価格が高騰すると電気料金をはじめとする生活物資全体の値上げに影響が出る事になります。原発の再可動の是非に関わらず「省エネ」を心がけることは国策として火急に取り組まなければならない課題と言えるでしょう。

 

こうした時代背景の中、最新のタワーマンションはこうした「省エネ」を強く意識して太陽光発電をメインとした再生可能エネルギーを積極的に利用し、省エネに貢献出来る住宅作りが押し進められています。また建築資材にも間伐材から作り出した合板や自然界にある優れた性能を取り入れた高機能外壁材などを使ってメンテナンスを容易にし、その分のコスト減を目的としたエコ住宅との融合が今のタワーマンションの主流となりつつあります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市