新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

託児所から医療機関まで

タワーマンションの多くは住人のステータスを尊重する傾向があります。つまりそのタワーマンションの住人がより暮らしやすい利便性を高めるための工夫が施されているのです。その一つが少子高齢化による社会構造へのマッチングです。

 

少子化により子供の数が減少していると言う事は子供を対象としたビジネスやサービスも減少していると言う事になります。事実、小児科の数は年々減少傾向にあります。一方で少ない子供を大切にしたいという家庭が増え、子供向けのアパレル業界ではこれまでに無い高級指向の傾向にあり、値段の高い子供服の売上げが伸びているという現状もあります。

 

他方では増え続ける高齢者に対して地域での高齢者向けのコミュニティの形成や医療福祉施設の充実が求められています。そのきっかけとなったのが夫婦だけ、あるいは兄弟、姉妹だけの高齢者世帯の孤立死が目立ち始め社会問題となっているからです。それまでは主に独居老人の孤独死が問題視されてきましたが、子供が独り立ちをして夫婦二人きりになったりとか、一人暮らしになった高齢者が兄弟、姉妹と共に暮らし始めるなどして、一人暮らしは回避できても双方が高齢者の場合、どちらかが要介護の状態になると介護をする側もまた高齢者であるケースも増え、介護を行う方が病死などをするとそのまま介護されていた人まで餓死するケースが増えているのです。

 

こうした社会背景を受け、タワーマンションの施設内に託児所や医療機関、カルチャー教室やソーシャルワーカーの常駐している福祉相談所などが設けられていれば小さい子供や高齢者を抱える家庭は安心して生活する事が出来ますね。またタワーマンションの敷地内にこうした施設がある事で住人の肉体的な負担やストレスも減る事になります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市