新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

周辺環境にも優しいタワーマンション

高度成長期の日本では高層ビルや団地等の大型集合住宅の建築ラッシュで日本中が湧いていました。しかしその一方で高層ビルや大型集合住宅の建築によって日中でも日が差し込まない住宅が増え、日照権を巡る争いは法廷にまで持ち込まれ、大きな社会問題となった事もあります。こうした傾向はバブル経済に湧いた頃にも起こっています。こうして高層ビルに隣接する住宅では日照権が常に争いの元となっています。

 

しかし、最新のタワーマンションを見てみると壁面全体を太陽の光を透過反射するような仕様になっている事が多いのに気づきます。これは何も瀟洒な外見にする事だけが目的ではないのです。つまり、ビル全体が太陽光を透過反射する事によってそれまで日照権で争ってきた周辺住人にもちゃんと太陽の光が届く様に工夫されている事でもあるのです。

 

ただし、鏡の様に太陽の光をまともに反射するようなものでは反射光を受けた箇所の温度は急上昇する事になります。そこで入射してくる太陽光の強いエネルギーを軽減して反射させるような工夫が施されています。簡単に言えばタワーマンションの壁全体をピカピカの鏡にするのでは無く、全体的に透過性のあるスモーキーな仕様にする事で反対側にある太陽光も透過させる事が出来、優しい太陽光が近接する地域にも当たる様な仕組みになっているのです。

 

またタワーマンションで吸収した太陽光エネルギーは太陽光発電やビル全体の空調に使われるなど非常にエコを意識した設計になっています。このような省エネと周辺環境にも優しいタワーマンションが今後の主流となっていくことでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市