新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

所有権

タワーマンションを購入しようと思った動機は人それぞれだと思います。美しい夜景に憧れて、複合施設が便利だから、都心など大都市圏に住みたいから、、、等等。

 

ところで一軒屋を購入した場合、所有権の認められた土地ならば土地と建物それぞれに所有権がつき、別々に登記しますが分譲マンションなどの集合住宅の場合、所有者の所有権はどこまで認められているのでしょう?将来的に財産分与の時などの参考になるかとも思いますので、この章で軽く触れてみたいと思います。

 

実はタワーマンションのような集合住宅を購入する場合、土地の所有権に関しては購入者に均等に割り振られる形で認められています。ただし、登記の際には一軒屋のように土地と建物の所有権を別々に登記するとマンションの戸数は100世帯以上ある場合もざらにあったり、同じ敷地内に何棟も建設される場合もあり、それぞれの所有権の登記や抵当権の登記をいちいち登記簿に別個に行っていては非常に手間もかかり登記ミスを起こす原因にもなりかねません。

 

そこで昭和59年に区分所有法(通称マンション法)が改正され、それまで土地と建物の所有権が別々に登記されていたものが一本化して登記するように改められました。これによって登記簿謄本には土地と建物の所有権を一本化した権利を敷地権と記載するルールも同時に決められたため、謄本上には土地と建物に関しては「所有権」という言葉は登場しないので注意しましょう。

 

しかしながら敷地権の登場で土地の所有権利とマンションの専有部分の登記を一緒に賄えるので登記にかかる事務手続きが簡素化された事で登記の時間が短縮されたという事は購入者にとってもメリットの大きな事だと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市