新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

ローンについて

都心などの大都市圏に多いタワーマンションですから、購入価格もそれなりにする事になります。当然購入には住宅ローンを組む事になると思います。長引く不況による低金利政策のお陰で住宅ローンの金利も引き下げられ、住宅ローン自体は組みやすくなりました。しかし、無計画なローンの組み方は生活の破綻を招きかねません。そこでこの章では世帯の年収に占める住宅ローンの割合はどれぐらいが適切なのかについて考えてみましょう。

 

まず、住宅ローンを借りられるかどうかについてですが、安定した収入があって、ある程度の頭金を準備出来る世帯なら組めないということはありません。頭金は物件価格によっても変わってきますが、一般的には20%程度を貯めるのが後々無理のない返済が組める一つの目安と言われています。つまり、3000万円の物件なら頭金は600万円、ローンは2400万円分組むという事になります。

 

次に月々の返済額ですが、大体年収の25%程度が妥当とされています。つまり、年収が500万円だとすると月々の返済額は104000円〜106000円程度、これにボーナス併用というのが目安となります。しかし、注意しなければならないのはこの場合の目安というのは銀行から借入が出来る上限という解釈になると言う事です。実際には手取りの金額から返済分を引いた額で生活をしていかなければなりません。

 

子供が居る世帯の場合養育費も当然かかる訳ですから実際には年収500万円の世帯の場合、月々の住宅ローン返済額は8万円程度に抑える事が出来ると理想的です。それにボーナス併用を組み合わせて大体年収の25%程度をトータルで返済していく計画を立てましょう。ただし、ボーナス時払いの金額を大きめに設定してしまうと不況でボーナスが減額されたりするとダメージが大きいので、その辺の返済のバランスを重要視して返済計画を立てるのが大切です。

 

憧れのマイホームですが、ローンの返済が終わるまで、第一抵当権はローンを組んだ銀行などの金融機関が持つ事になります。つまり、ローンが完済して初めてその物件は自分の財産となると言う事を念頭に入れてローンの返済期間を含めたプランニングを行いましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市