新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

組合費やその他諸々

タワーマンションの様な集合住宅の場合、建物の管理は住人によって構成された管理組合が行う事になります。そこで住宅ローンとは別に組合費や修繕積立費などの名目で毎月決まった額が徴収される事になるので、住宅ローンの返済計画とは別にこのような諸経費についても頭に入れておく必要があります。

 

組合費とは管理組合の運営費用の事で、事務所の光熱費や管理人の人件費などにあてられます。また修繕積立費はマンションのメンテナンスに使われる費用を積み立てるのが目的のお金です。どちらも安全、安心に暮らすための費用を住人が協力して積み立てるという総合扶助の精神に乗っ取った大切なお金ですので、滞納しないようにしたいものです。

 

ただし、修繕積立費は主にマンションの共用部分の修繕に用いられるものです。外壁の塗装やエレベーターの保守管理などですね。専有部分のリフォームなどは自己負担となるのが基本ですので入居時には管理組合の規約を精読しておくようにしましょう。

 

また、メンテナンスに関する決めごとは組合の月例会などで検討されます。基本的にその会合に出席しない人は発言権を放棄したと見なされるため、積極的に参加するようにしましょう。組合の定例会ではマンションのメンテナンス以外にも地域のイベントへの参加や寄付についてなども話し合われます。

 

また物件購入時にはローンの頭金以外にも登記時の印紙代等の雑費が必要となります。こうした雑費をローンに組み込む事も可能ですが、そこは銀行の担当者と不動産デベロッパとの話し合いによって決められる事なので、デベロッパの担当者とは事前によく打合せをしておきましょう。物件の購入金額が大きいので印紙代などの諸費用も数十万円分かかります。別個に準備出来るのなら、ローンや頭金に組み込むよりもその方が理想的です。その理由は結局ローンや頭金に組み込むと事実上、雑費の分も借入する事になり金利が発生してしまうからです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市