新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

共有部分と占有部分

タワーマンションなどの集合住宅の場合は、一軒屋の購入には無い煩わしさがあります。共有部分と専有部分の区分けなどはその代表ですね。共有部分とはマンションの外壁や廊下、エレベーターなど住民が共用している設備の事です。マンション購入とは専有部分のみを購入している事になりますので注意が必要です。

 

「そんな事は言われなくても分かってる」と言われそうですが、多くの住人が誤解しているのが玄関の外側やベランダ、つまり玄関ドアや玄関外側から部屋全体の外壁に覆われている部分は全て共用部分となるという事です。ここは勝手にリフォーム出来ないばかりで無く物を勝手に置く事も本来は禁止されている場合が多いのです。

 

玄関ドアのデザインが気に入らないからといって勝手に変更しては行けないという事になりますので注意が必要なのです。また玄関先やベランダに観葉植物を置いたり花を植えるなども本来は禁止されているケースが殆どです。しかしベランダ菜園などは暗黙の了解でうるさく言われないのが日本人の気質といえますが、共用部分と専有部分の区分けは理解しておいて損は無いでしょう。

 

これはインターネットの回線やケーブルテレビの回線を引く場合、あるいはCS放送用のアンテナをベランダに設置する場合も自分の勝手では出来ないという事を意味しています。共有部分を通るケーブル類やアンテナに関してはマンションの管理組合の管轄となるからです。したがって、ケーブルテレビやCS放送を導入したい場合は組合の了承を得る必要があります。多くの場合、反対されるという事はありませんが、既に組合で加入しているインターネット回線やケーブルテレビ以外の回線を引こうとした場合には了承を得られないケースがありますので注意して下さい。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市