新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

火災保険について

火災保険とは購入した住宅の家財や家屋に対して自然災害や人災などで倒壊や損壊などの被害を被った場合に支払われる保険の事です。加入は任意ですが、住宅購入の際には加入する事を条件としてローンの実行が行われる事が通常ですので、キャッシュで物件を購入する場合以外には火災保険への加入が必須条件だと理解しておきましょう。仮にキャッシュでの物件購入の際でも必ず加入しておく事をお勧めします。

 

この保険は火災保険という名称ですが、保険の適用範囲は風雨による被害や雪や雹、雷などによる被害も含まれています。ただし、地震被害に関しては特約事項での取り扱いになりますので注意が必要です。特約事項と言っても地震特約に関しては国の取り決めで加入を勧める事と加入者の負担額に関しては保険会社間での差異を設けていはいけない決まりになっています。

 

この20年弱で日本では死者、行方不明者を多数出す大地震が何度も起きています。阪神淡路大震災、2度に渡る新潟中越沖地震、北海道南西沖地震、北海道十勝沖地震、東日本大震災などは記憶に新しいもので決して忘れてはならない教訓でしょう。また、近い将来東海地震の発生も予想されています。日本は世界でも屈指の地震国だという事を忘れてはいけません。地震保険単独では扱われていませんので必ず火災保険に加入する必要があります。

 

最新のタワーマンションは免震構造の採用などで地震に強い構造で作られていますが、阪神淡路大震災や東日本大震災でマークした震度7が今後も日本の地震での最大震度とは限りません。それを上回る地震が起こってもなんら不思議ではないので保険への加入は転ばぬ先の杖と心得ましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市