新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

入居にあたっての制約

タワーマンションの高層階に住む事はステイタスが高く、多くの人にとって憧れの的です。しかし、高層階に住むにはある程度入居する時に制約を受ける事項があります。知らずに入居したら「こんなハズではなかった」という事にならないためにもこの章で今一度確認をしておきましょう。

 

まず、前章でも述べた通り、タワーマンションの高層階は窓の開閉が出来ない、あるいは全開しない様な制限があると言いました。これは住人の安全性を確保するという観点からも重要な事なのですが、同時に搬入する家具の大きさにも制限が有るという事も意味しています。つまり、エレベーターの大きさや玄関の幅を超えるような大型の家具を搬入する方法が無いという事ですね。

 

また、タワーマンションは上層階程揺れやすいもので、ちょっと強風が吹くとそれだけでも体感的な揺れを感じます。もし近隣にも高層ビルがあるような都心部ではビル風という強風が吹き抜ける事が多いので体感的な揺れを感じる事が多くなると思います。そうした環境が長くなると室内にいるといつも目眩を感じるようになり、気分が悪くなったりするなどの健康面での悪影響を受ける危険性もあります。

 

実際に大地震を経験した人はその後の余震が頻発する事で揺れていない時でも目眩や揺れを感じて、まっすぐ立っていられないなどの神経性の症状を来す例もありますので、健康面での不安がある人は入居前に医師と相談するのが良いと思います。

 

また災害発生時にエレベーターが使えなくなった場合、徒歩による避難を行わなければならない可能性もあります。そのため四肢に障害のある人や寝たきりの老人などは入居を制限される場合もありますので注意して下さい。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市