新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

デベロッパ物件とは?

デベロッパーマンションとは不動産会社が企画から設計施工、販売までを一貫して手がけている物件の事です。タワーマンションの場合、殆どがデベロッパーマンションとなります。大手不動産会社になると予算をかけて著名な建築デザイナーがデザインを手がける瀟洒なつくりをしたデベロッパーマンションが数多く販売されています。

 

都心の駅に近く、敷地内に多くの商業施設を有するタワーマンションはさながらテーマパークの様相を呈しています。複合施設としてのタワーマンションの場合住居スペースは高層階に設けられている事が多いため、都会の美しい夜景を楽しめる物件が多く、購入者がその物件を購入する決め手になることもあります。

 

タワーマンションは規模の大きな高層ビルなので、巨額の資金が必要です。それゆえに、中堅の不動産施工会社よりも一部上場している大手の不動産会社が手がける事が圧倒的に多く、デザイン性だけでなく、居住性や災害に強い構造にしたり、インフラを敷地内に整備してより安全、快適に暮らせる工夫がなされています。

 

特にこの20年余りで死傷者や行方不明者を数多く出した大地震に対する対策はタワーマンションには必須で、震度7クラスの地震では倒壊しないだけでなく揺れを吸収してビル内部の揺れを軽減する免震構造で建てられているタワーマンションが最近では人気を呼んでいます。

 

こうした高層ビルが倒壊あるいは損壊しない事は自然災害時の被害拡大を抑える重要なポイントとなります。倒壊すれば甚大な被害を及ぼす高層ビルですが、持ちこたえれば避難ルートの確保には却って優位ですし、巨大な敷地スペースを利用して食料や水の備蓄、避難民の確保などにも役立ちます。また敷地内インフラを整備しておく事で数日間のライフラインの確保も可能となり、日本を災害から守る要にもなるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市