新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

憧れのシティライフを手に入れる

タワーマンションに住むと様々なメリットを享受する事が出来ますが、その中でも購入を希望する人が最も理想と憧れを持つのが大都市圏に住むという事でしょう。

 

タワーマンションの多くは県庁所在地など大都市と呼ばれる場所、その中でも最も利便性の高い所に建てられる事が多いのです。これには様々な理由がありますが、最も多いのが密接して林立している老朽化した高層ビルを一括して、タワーマンションとして立て直し、住居と商業スペースを集約させる事で、大災害時に倒壊するリスクを抑制し、安全な避難ルートを確保する目的が大きいようです。こうした動きを再都市計画と呼んでいます。

 

長引く不況と低金利政策によって大都市圏といえどもごく一部を除いて地価は下落する傾向があります。しかしこの事は逆に言うとこうした大都市圏のタワーマンションを購入するには有利に働いていると言えます。

 

その理由は住宅ローンの金利が低く、物件の販売価格そのものもそれまでよりも引き下げられているからです。住宅の適正価格は地価によって決まります。地価が下がっている地域は物件の値段も安くなるのです。こうして単なる憧れだったシティライフが手の届く所にまでやってきているのです。

 

タワーマンションは建設するのに多額のコストがかかるため大手不動産が設計施工から販売までを一貫して行うデベロッパー物件です。こうしたデベロッパー物件は住宅ローンが通りやすいという傾向にもありますので、ますます購入しやすい条件が揃っていると言えるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市