新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

分譲マンションとは

最近、不動産屋さんの店頭や自宅に入ってくる折込みチラシなどで分譲マンションという言葉をよく目にします。では、分譲マンションとはどのような物件を指すのか具体的にご説明したいと思います。

 

マンションは一戸建て住宅とは異なり、多くの人が同じ建物内で各部屋に別れて暮らしています。賃貸マンションはこの建物と各部屋が家主さんのもので、各部屋は家主さんに借りているという形となっています。つまり、家主さんが全ての所有者という事です。

 

しかし、分譲マンションの場合ではそのマンションの区分所有権を買います。簡単に言えば、マンションを部屋ごと買うという意味です。しかしながら、マンションですのである程度の条件と、共有スペースがあるので部屋を丸ごと買うというと少しニュアンスが違ってくるような気もします。

 

分譲マンションを法的な部分からみてみましょう。分譲マンションは建物の区分の所有に関する法律で定められている住宅の一種となっています。また、この法律をマンション法や区分所有法とも呼びます。

 

分譲マンションを購入した時にはこの法律に基づいて購入した名義人がマンションの部屋の所有権を持ちます。購入したマンションの1室は専有部分となり、購入者の自由に使用できるようになります。

 

また、マンションにはロビーやエントランスなどのマンションの居住者全員が利用するスペースもあります。このスペースは共有部分として専有部分の所有者全員の共有物として扱われます。

 

では、専有部分は全て自由にしていいのかと思う方もいらっしゃるかも知れませんがそこは少し違います。あくまでマンションですから、個人の事情と全体の利害というものがあります。例えば、専有部分であっても自分の意志だけではリフォームをしてはいけません。管理組合の許可がなければ行えないのです。

 

このように一戸建てとは違い、不便はあります。しかし、マンションならではの快適な設備というものもあるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市