新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

比較するポイント

分譲マンションを探し始めると、自分にとって条件に合う物件がいくつか見つかると思います。こっちのマンションは設備が気になるけど、もうひとつは利便性が良いなど、それぞれの物件に目移りしてしまうのではないでしょうか。結局、どれが良いかわからないと悩んでしまうこともありますよね。

 

そこで、ここでは物件を比較するポイントを整理していきたいと思います。

 

まず、考えるのは販売坪単価です。これは購入を考えているマンションの土地が1坪いくらかということです。よく、購入価格だけで広くて安い方がお得ではないかと考えてしまいがちです。しかし、1坪単位の価格で計算すると案外、坪単価が安くなっているケースが多々あります。

 

マンションは建物の価値が大半の占める分、建物自体が古くなるとその価値が下がってしまう場合があります。しかし、1坪単価が高い土地であれば価値がガクッと下がってしまうという事はありません。

 

中には同じマンション内でも1坪単価が異なる場合もあります。この場合、光の入り方など何かしら理由があるようです。

 

また、物件の中には未完成物件と完成物件とあります。分譲マンションでは未完成の段階から売りに出ていることが多いようです。

 

未完成物件を選ぶメリットとしては最上階や角部屋など人気の高い部屋を抑えやすい事が挙げられます。また、未完成である為、ちょっとした要望が通りやすい事もメリットのひとつです。例えば、全室洋間だったものを1部屋だけ和室にしてほしいなど完成後ではリフォームとなってしまうことが完成前であれば容易である場合もあります。

 

ただし、未完成物件のデメリットとしては未完成なので想像で買うという事です。実際に中が見られないので未完成の段階で買うのであればモデルルームなどを参考にして購入する事になります。

 

迷った場合はこのような点を比較すると自分の希望に沿ったマンションの購入が出来るかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市