新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

収益性

分譲マンションの資産価値を決める条件のひとつが収益性です。収益性とは購入したマンションが将来的にもたらすであろうキャッシュフローの事を意味します。つまり、将来的にそのマンションが自分にとってどのくらい利益を与えてくれるかという事です。

 

例えば、分譲マンションを購入して、賃貸物件として利用しようと考えたとします。しかし、購入から時間が経っているので新築物件ほどの価値はもうありません。

 

では、そのマンションに対していくらまでならお金を出して住む価値があるのか、つまりは購入した後もお金に替えられるのかという事がそのマンションの資産としての価値です。

 

この価値が低ければ低いほど収益性はない、自分の手元に残るお金が少なくなるのです。購入した時の金額に比べ、将来的にいくらかキャッシュバックがあると考えた方がわかりやすいかもしれません。

 

例を賃貸物件としましたが、これは中古物件として売りに出す時も同じことがいえます。

 

では、具体的に収益性の高いマンションの条件とはどのようなものでしょうか。基本的には賃料が高く設定でき、尚且つ、建っている場所の需要が大きいかどうかです。

 

駅に近い物件は利便性から考えても需要は高いといえます。

 

また、建っている場所の住民の性質も条件のひとつとなります。例えば、大学が近く、1人暮らしの学生が多いような地域にファミリー向けの物件が建っていたらどうでしょう。その物件は住民の性質とは異なるものになります。つまり、ニーズが低い為、賃料を下げなければ借主も出てきません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市