新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

需要

よく経済の中では需要という言葉を使います。需要が高ければ高いほど、そのものの価値はあがるのです。分譲マンションも同じく、需要があればその価値は高くなります。希少性の部分でもふれましたが、希少性の高い物件はその設備に需要があるからこそ価値があがるのです。

 

需要における価値というのはとても微妙なもので、分譲マンションを購入する際には判断が難しい部分もあります。それは、今、需要があっても今後その需要が下がってしまえばその価値も下がってしまうからです。

 

このように需要というのはその時の社会の波に非常に左右されるものです。ちなみに、現在は住宅ローン減税というものがあり、マンション自体の需要は増加傾向になるようです。

 

では、損をしないように分譲マンションを購入する事を考えた場合、どのような点をポイントにして考えれば良いのでしょう。

 

今の社会を総合的にみると住宅数よりも世帯数の方が少ない事がわかります。しかも、日本は少子化社会といわれており、今後も人口の減少が予測されます。つまり、住宅が余っている状態なのです。

 

では、このような状態に対して、需要のある物件とはどのようなものなのかという事を考えてみます。

 

まずは、人口が減っていく中で人がこれからも集まってくると思われる地域では住宅の需要が高まると考えられます。これは都道府県によっても異なりますが、例えば県庁所在地に近い場所や、今、土地の開発が進んでいる所などは狙い目でしょう。

 

また、高齢社会ということもあり、高齢者にも住みやすい物件の需要が増えます。例えば、エレベーターがない、その物件の玄関が階段であるなどバリアフリーではない物件は需要が低くなると予想されています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市