新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

建物の構造

分譲マンションの広告や建物の宣伝を見ているとたまに○○工法を採用していますなどという謳い文句を目にします。

 

しかし、その方法で建築されていても専門的でそれが書いてあったとしてもこれっていいのかな、くらいでしかわかりません。実際はそうやって書かれている物はあまり重要ではないことが多いようです。

 

分譲マンションの見学に行くと、建物資料を貰うと思います。その中からどの様な点をポイントして見ると物件の良し悪しがわかるのかご説明していきたいと思います。

 

建物資料をもらっても、専門的でよくわかりませんよね。その為、目を通さない人も多いかと思います。しかし、構造がしっかりしているかどうかというのは生活する上で重要な事だと思います。

 

仮に外装や内装が綺麗でも構造がしっかりしていなければ、買った後、思わぬトラブルや問題に直面し、お金がかかってしまうという事にもなりかねません。

 

マンションにおける構造について考えた場合、3つの事がポイントして挙げられます。

 

まずはメンテナンス性です。長い間住んでいると、どこかしら支障がきたしてくるのは仕方のないことです。しかし、支障が生じた場合、メンテナンスが必要となりますが、このメンテナンスの必要が多いほど、お金はかかってしまいます。その為、メンテナンス性が悪い物件を購入してしまうと将来的にお金がかかります。

 

また、音や堅牢性も重要となります。マンションは構造上、近所と隣接しているので騒音トラブルは比較的多い問題です。この際に防音性が高いマンションであればトラブルになるのを未然に防ぐことができます。

 

また、堅牢性は耐震や災害に対しての強度です。生活の安全を守るのには重要なことではないでしょうか。

 

以上3つのポイントを考慮した上で、分譲マンションの構造を見ることをお勧めします。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市