新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

超高層マンションとは

最近、都心に多く建てられている大きなビル。その中の一部は超高層マンション、いわゆるタワーマンションと呼ばれる居住空間です。

 

具体的に超高層マンションとはどのような物件を指すのでしょう。建築基準法によると高さが60メートル以上の建物を超高層建築物と定義しています。その為、超高層マンションというと主に20階建以上の住居用の建築物か、高さが60メートルを超えている居住用の物件を指すことになります。

 

ここ数年間では、東京都の港区や品川区など都心に超高層マンションが増えています。超高層マンションといえば、月々の家賃も通常のマンションとは比べ物にならないほどの金額です。数字で表すと数百万というお金が毎月必要となるわけです。このような高額物件をなぜ次々建てることが出来るのでしょう。

 

こんなところを借りる人がいるのかと疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、意外にも超高層マンションは発売と同時にすぐに売れてしまうという現状にあります。

 

その理由として、日本の富裕層の増加や韓国・中国などの海外の富裕層も増加していることが挙げられます。つまり、超高層マンションを買うのは日本人だけではなく、海外からの購入者も多いということです。

 

家賃がとても高いのに入居者が多いのには理由があります。超高層マンションに住むという事は自身のステイタスともいえるのです。

 

超高層マンションは言い換えれば超高級マンションです。そのような場所に住めるという事はそれだけ自分が裕福であるということ、つまり成功者といえるでしょう。また、いつかは自分も住みたいという憧れの場所でもあるのです。

 

このような事が、超高層マンションの入居者が絶えない理由になるのではないでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市