新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

高層マンションが注目される理由

東日本大震災以降、超高層マンションの重要は低くなっていました。しかし、ここ最近、超高層マンションの人気が回復しつつあり、注目を集めています。

 

その証拠にしんたきマンションで地上62階建の総戸数600戸の大規模タワーマンションが第1期の募集で募集数であった250戸を即日完売しています。また、モデルルームの見学には4700組が見学に来たことでも注目の高さがうかがえます。

 

しかし、なぜ超高層マンションは注目されているのでしょうか。その理由について詳しくご説明したいと思います。

 

まず、東日本大震災以降、需要が下がった事は事実です。その理由として、TVなどで超高層マンションが大きく揺れている映像が頻繁に流されました。また、エレベーターやライフラインの停止によりイメージがある悪いものへと変化していきました。

 

しかし、マンション自体が倒壊したという事実はなく、また、大きな損傷を受けた超高層マンションが少なかったことから構造上の安全という観点から高い評価を得たのです。この評価が超高層マンションの人気回復のきっかけとなりました。

 

電気や水道などのライフラインはある程度時間を我慢すればいずれは復旧します。しかし、家そのものが倒壊してしまえば長い目でみても生活の確保が不安となります。また、修繕するにも莫大なお金が必要となります。その為、構造上の安全が評価された超高層マンションへ再び注目が集まったのです。

 

最近では、新築の高層マンションでなくとも中古の高層マンションへ住み替えを希望する人も増えているようです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市