新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

狙い目の地域

超高層マンションの購入を考えるのであれば、その地域で物件が豊富なのか知っておく事が大切です。全国的にみると東京都が断トツで多く、その中でも東京23区内は超高層マンションが非常に多く建っています。

 

東京23区の中でも一番、超高層マンションが多い地域はどこだかわかりますか。それは港区です。

 

港区といっても建っている場所の幅も広く、芝浦や港南といった湾岸エリアもあります。また、山手線内である白金、麻布、赤坂などにも超高層マンションは多くあります。品川駅周辺やお台場あたりも行政区分でいえば港区にあたることをご存知でしょうか。

 

このように広い範囲で超高層マンションが建てられている港区は周辺の住環境や築年数も豊富にあります。その為、自分に合った物件が探しやすい地域であるといえます。

 

港区に次いで、超高層マンションが多いのが江東区です。江東区は物件が点在しているわけではなく、豊洲や東雲といった地域に多い傾向にあります。この地域は湾岸エリアで、まだ新しく開発が始められた地域でもあります。その為、比較的築年数が新しい超高層マンションが多いことがこの地域の特徴といえます。

 

この地域がお勧めである理由は他にもあります。それは東京駅から10分圏内という利便性のわりに港区などのエリアに比べ、物件自体の値段が安いことにあります。例に出すと、同じ広さで港区で7000万円ほどの物件が江東区ですと5000万円ほどで売られているようです。

 

今後、開発され新しい超高層マンションが建つと言われているのは江東区などの湾岸エリアと内陸部では新宿区といわれています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市