新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

新築と中古物件について

分譲マンションの購入を決意したとして、次に考えるのは新築のマンションを買うのか中古のマンションを買うのかという部分ではないでしょうか。

 

新築マンションの場合、購入価格は高いです。しかし、設備は最新ですし、内装も綺麗です。その分、管理費や維持費もかかってきます。

 

逆に中古のマンションですと、管理費などが安くなり、コスト面でいえば安い事が魅力的ではあります。このように考え方を変えれば、どちらも魅力的な物件ある事に変わりありません。

 

新築・中古それぞれの物件を比較し、自分のニーズに合った物件を選ぶ参考にしていただけたらと思います。

 

新築マンションは完成したばかりの新しいマンションです。だいたい、工事が完了してから1、2年以内で、まだ誰も入居したことがない部屋の事を指します。ちなみに、この期間を過ぎて、入居者がいない部屋の事は新古マンションと呼ぶことがあります。

 

中古マンションというのは、一度は誰かが住んでいた部屋の事をいいます。この場合、マンションの築年数は関係ありません。

 

新築の場合、なんといっても設備が最新であることが一番のメリットだと思います。10年前に建てられたマンションと比較しても設備の差は歴然で、特に耐震面では優れています。

 

中古マンションの場合、既に住んでいる方がいるということが最大のメリットでしょう。というのは、管理組合の状態だったり、住んでいる年齢層などを他の物件と比較できるので自分に合った物件が見つけやすいのです。

 

このようにどちらの物件にせよ、ニーズがあります。自分の条件に合う物件はどちらかよく比較して購入する事をお勧めします。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市