新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

マンションの規模

マンションの規模と言われても、ピンとこないかも知れません。規模というのは単棟と団地という意味です。

 

マンションは単棟タイプのものを小規模、団地タイプのものを大規模として分類される事が多いのです。これについて明確な定義はありません。しかし、マンションはこの規模によって住みやすさなどの違いが出てきます。

 

まず、小規模タイプのマンションでは単棟という名の通り、1つの建物である事が殆どです。また、世帯数も少なく、住民の数が少ない事も特徴のひとつでしょう。

 

このようなタイプのメリットは世帯が少ない分、住人通しの顔が分かりやすい傾向にあります。その為、家族通しの交流がしやすいというメリットが挙げられます。また、建っている場所も閑静な住宅街である事が多く、分譲マンションでも一戸建て様な気分になれることもお勧めです。

 

大規模タイプのマンションでは団地のような広い土地に似たようなマンションがいくつも建てられている場合や、大きなひとつの建物の中に多くの世帯が住んでいるようなマンションの事をいいます。

 

このようなマンションでは共用部分の設備が整っている事が挙げられます。例えば、マンションの共有部分にキッズスペースが設けられていたり、スカイラウンジなどマンションの住人の為の施設が豊富です。中にはスポーツジムが入っているようなマンションもあるようです。

 

また、マンションに住んでいて修繕が必要になるケースがあります。その場合、住人の数が多い分、1人あたりの負担額が少なくて済むという利点があります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市