新築マンションの一括資料請求(無料)はここから!

マンションの高さ

マンションにも高さによって種類が分けられています。超高層マンション・高層マンション・中低層マンションの3種類です。このマンションの高さというのは建てる場所によって条件が付けられます。

 

高さというのは案外、住み心地に差が出るものなので分譲マンションの購入の際には検討したほうが良いと思います。

 

まず、高層マンションのメリットから考えていきましょう。高層マンションはもともと立てる土地の価格が高い為、広範囲に建てるのではなく、狭い土地で高く建てる、つまりタワー化しているものが殆どです。

 

土地の価値は利便性などで決まる部分も大きいので土地の価格が高いという事は駅から近かったり、商業施設が近かったりと日常生活に便利な場所である事が考えられます。

 

また、高層マンションは上の階に行けばその眺めはとても良いと思われます。もし、中低階であってもスカイラウンジがある高層マンションも多いので景色を楽しむ事が出来ます。

 

では、中低層マンションはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

中低層マンションは比較的静かな住宅街に建てられていることが多いようです。都会ですと、どうしても夜の喧騒や落ち着いた雰囲気というものは難しいかと思います。

 

利便性は高層マンションに比べ、不便な部分もありますが、自分が静かな所で住みたいと考えるのであればこのような環境の方が良いかも知れません。

 

また、土地の広さもそれなりに広いので、マンションを購入したとしてもそれなりに土地の価値がつきます。将来的に高層マンションよりも価値がある物件である可能性もあります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市