住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

手抜き工事を防ぐには

住宅リフォームと一口にいってもそこには基礎工事や柱の補強など大掛かりな手を加えるリフォーム工事などもあり、そうなると工期も長期間に及ぶ事も珍しく有りません。こうした大掛かりな住宅工事で度々問題となるのが手抜き工事問題です。この章ではこうした手抜き工事に合わないためにはどうすればよいかを考えて行きましょう。

 

このような手抜き工事を防ぐのに最も効果的な手段は工事中に土地家屋診断士を随行して何度か工事現場を視察する事です。その時、必要があれば一旦工事の手を止めさせて施工後には確認が困難な箇所を随時チェックする事が重要となります。

 

手抜き工事によってその物件の資産価値が著しくて低下するような事があってはいけません。それでは住宅リフォームを行う価値はゼロになってしまうどころかリフォーム費用をかけた分マイナスになってしまいますね。

 

これは基礎工事に手を加える様な大掛かりなリフォームに限らず、壁や床材の張替えの時にも腐食しやすい材料を使っていないかどうかなどのチェックにも実践したい心がけです。

 

また住宅リフォーム会社にリフォームの相談に行く時には事前にそのリフォーム会社とは利害関係のない第三者的な土地家屋診断士やホームドクターに依頼して現在の住宅の状態をチェックしてもらうというのも必要です。

 

医療の世界でも主治医とは別にその治療方針などについて他の医師に意見を求める事があります。これをセカンドオピニオンと言いますが、住宅にもセカンドオピニオンが必要だと私は考えています。土地家屋診断士やホームドクターに依頼するにはコストもかかりますが、家族の命を守る大切な家ですから出来るだけの手はかけたいものですね。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市