住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

施工後手抜き工事が見つかったら

住宅リフォームを行う際に事前に十分なカンファレンスを行い、総合的な診断も行って前準備を十分に行っても不測の不具合が見つかる事があります。

 

それが、万が一施工側の手抜き工事であった場合ならば住宅瑕疵担保履行法の規定によって、施工した住宅リフォーム会社は十分な補修工事を無償で行って依頼主に受渡を行わなければなりません。これは法律で規定されている事なのですが、この法律の存在そのものを知っている人は現実にはそう多くはありません。

 

業者側には周知されている事であったとしてももし、その住宅リフォーム会社が悪徳業者で施工後姿を消してしまった場合には依頼した側は泣き寝入りするしかないのでしょうか?

 

消費者センターに相談したり弁護士に相談して訴訟を起こす事も可能ですが、時間も費用もかかってしまいます。そこで、この記事を読んでいる方には是非、「住宅瑕疵担保履行法(じゅうたくかしたんぽりこうほう)」という法律の存在を知ってもらいたいのです。

 

この法律に関しての詳細は住宅瑕疵担保履行法というキーワードでも検索出来ますし、国土交通省のサイトからもリンクで飛ぶ事が出来ます。そうした事前の正しい知識を身につけた上で住宅リフォーム会社とのカンファレンス時にこの法律についてもキチンと説明を受ける様にしましょう。

 

またホームプロというサイトでは住宅瑕疵担保履行法が速やかに遂行されるように独自に「工事完成保証」制度を導入している比較サイトなどもあります。こうした制度を最大限利用してリフォーム工事が過不足無く行われる様に気をつけるというのもとても重要な事なのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市