住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

住宅リフォーム悪徳業者の手口

ニュースなどの報道でも度々報じられるのが住宅リフォームの悪徳業者による詐欺まがいの事件です。自分は大丈夫とタカをくくっていると知らない間に引っかかってしまうのが悪徳業者の巧妙な手口です。そこでこの章では住宅リフォームの悪徳業者が最も良く使う手口を例にして、どうやったら自衛出来るのかを考えて行くことにしましょう。

 

この章で例にするのは最も件数の多い訪問販売を利用した手口です。これは一人暮らしや寝たきりの高齢者や障害者を抱える小家族を狙う時に使われる手口です。そこには一人暮らしや寝たきりの人など社会的な弱者のいる家庭が抱える心情につけこむ卑劣なやり方が存在しています。

 

まず、高齢者や重度の障害を抱えた人の介護をしている家族は心理的に余裕が無くなっています。そこで住宅の痛みや老朽化については補修まで手が回らないで後回しに成っているケースが非常に多いため、悪徳業者はそこの所をうまくつく手口を使ってきます。

 

具体的にはまずは下調べをしてその家庭の構成を調べ、引っ掛けやすい家庭と判断すると親切心を装い、家屋の傷みやすい箇所をでっちあげもっともらしくリフォームが必要だと持ちかけます。

 

インターネットやチラシなどの媒体を利用しやすくなった現代では真っ当なリフォーム会社であれば飛び込みの営業で仕事を取るという事は少なくなっています。ですからまず飛び込みの営業でのリフォーム話をする様な業者は相手にしないで敷地内に立ち入らせないというのが悪徳業者に引っかからないためのセオリーです。

 

一度招き入れて会話をしてしまっては手練手管の相手のペースに巻き込まれ契約書に印鑑をおす羽目に成る確率は飛躍的に高くなってしまいます。最初は「いい人」でも最終的には法外なリフォーム代を巻き上げ、工事をする気などさらさらないのが悪徳業者ですので、まずは自分の生活圏から排除する事を心がけましょう。

 

インターネットのメールや実名入りのダイレクトメールも心当たりの無い物は基本的に無視しましょう。

 

もし、運悪く契約を交わしたとしても落ち着いてクーリングオフを行いましょう。自分が必要としていないリフォーム話は最初から無視を決め込むのが最善の自衛策です。もし、家の老朽化や傷みが心配な場合は手間でも自分で土地家屋診断士やホームドクターに依頼して診断してもらうようにしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市