住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

思い出の品を再利用

よく家には家族の歴史が刻まれるといいます。古くなった家の壁のシミや柱の傷一つ一つにも家族と過ごしたかけがえの無い時間が刻まれているというのはうなずけますね。

 

リフォームをする事ですっかり新品になるとすっきりする反面何だかそれまでの家族の思い出も捨て去ってしまうようでちょっと寂しかったりするものです。写真などでそう言う思い出を残しておくのはもちろんですが、家に刻まれた家族の歴史も出来るなら残しておきたいのが人情ではないでしょうか?

 

そんな時にはリフォームする時に廃材となる柱や扉などを違う形で再利用する方法があります。あまりに傷みが激しいものは別としてまだまだ使えそうな柱などはそのまま残しておくというのも一つの選択肢ですね。

 

リフォームは建て替えと違って全てを新しくするというものではありません。例え必要があっての大幅なリフォームでも残しておきたい思い出の品は何かの形で再利用出来ないかどうかを住宅リフォーム会社と相談して決めて行く事が可能です。そうする事で建築資材などの調達を少なくする事にもつながり費用の面でも節約に成る場合もあります。

 

リフォームを思い立ったら今一度今の住まいを見直してみて大切な思い出がつまっている所は出来るだけ残す様にしてはいかがでしょうか?

 

またこうした事を積極的に住宅リフォーム会社の担当者に相談する事で、業者側も依頼主の言葉では説明しきれない我が家に対する思いなどを理解する事が出来、良い意味での意思の疎通が図れるのでは無いかと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市