住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

住宅リフォームで節税

住宅をリフォームした場合、一定の基準を満たす事で様々な減税制度を利用する事が出来るのをご存知でしょうか?

 

これらの減税は所得税と固定資産税から上限付きで一定期間の優遇措置を受ける事が可能なのです。また自己資金のみで減税を受けられるだけでなくローンを利用した場合でも減税制度を受ける事が出来るので知らなかった人はこの機会に是非検討してみて下さい。

 

それでは現在利用可能な住宅リフォームに関する減税制度のあらましを説明していきましょう。

 

まずはリフォームの種類別に分けて行きます。

 

最初はとにかく住宅ローンを利用してリフォーム(増改築)を利用してリフォームをした場合の減税制度です。これは住宅ローン(リフォームローン)以外のローンを利用した場合には適用されませんのでこれからリフォームを考えている人はローンの種類に注意しましょう。

 

次は耐震性を上げるためのリフォームですが、こちらは自己資金で行った場合に限り所得税と固定資産税から減税されます。

 

続いてはエコ住宅やバリアフリー住宅へのリフォームを行った場合ですが、こちらは自己資金を利用した場合でも住宅ローンを利用した場合でも減税制度が適用されます。また優遇が受けられるのは所得税と固定資産税です。

 

これらの減税措置はいずれも実際に入居を始めてから優遇措置を受ける事ができるのですが、入居する時期にも期限が設けられています。

 

もっとも近い将来終了してしまうのが自己資金でリフォームをした場合のバリアフリー住宅とエコ住宅です。これらは平成24年12月31日までに入居を開始しないと制度が終了してしまう予定になっています。

 

また固定資産税から減税される耐震リフォームは平成27年12月31までの入居まで適用されますがそれ以外のリフォーム減税に関しては平成25年12月31日で制度が終了する予定です。

 

今後の政府の動向によっては期限が延長される可能性もありますが、今リフォームを予定している人は早めの工事を開始する方が有利です。また、これらの減税は全て重ねて受ける事が出来るため、予算が許すならば耐震、バリアフリー、エコ住宅へのリフォーム全てを計画する事がお勧めです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市