住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

バリアフリー住宅へのリフォーム

東日本大震災以降エコ住宅への関心が高まりを見せていますが、もう一つ日本が抱える深刻な問題に高齢化社会があります。連日ニュースでは高齢者や障害を抱える少人数家族の孤独死や孤立死についての報道が流されています。

 

少子化と連動して将来的には65歳以上の高齢者が日本の人口に占める割合が30%を超える日もそう遠くない将来確実にやってくると言われています。日本人の3人に1人が65歳以上の高齢者という事になりますので、高齢者が暮らしやすい地域社会の実現は日本が早期に実現しなければならない問題の一つなのです。

 

高齢者になると足腰に障害を持つ人の割合が増えてきます。伝統的な日本家屋では入り口には必ず三和土があり、部屋の間仕切りはふすまや障子などの引き戸で区分けされているため家中の至る所に段差があります。また入浴の際には高い湯船をまたぐ必要があるため、足腰の弱った高齢者には入浴一つとっても重労働になります。

 

バリアフリー住宅とは高齢者や障害者にとっては危険でやっかいな段差を出来るだけ無くして暮らしやすくする工夫が施された住宅の事です。また転んでも大けがをしない様に床や壁にはクッション性のある素材を使ったり、屋内の温度差を出来るだけ無くす様な工夫が成されていたり、インターネットを利用して遠くに住む子供や地域センターなどに緊急時の連絡がすぐに行く様なシステムも導入され始めています。

 

今は若くとも人間自然と歳をとります。特に今は核家族が当たり前となり子供が自立すると家からはいなくなるため高齢者夫婦が二人きりで住んでいたり、独居老人が増えたりと老後も「自分の事は自分でする」必要性が急速に高まっているのです。こうした社会背景を受けて老後に備えて今の住居をバリアフリー住宅にリフォームするニーズも年々高まりを見せています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市