住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

各部屋

次に各部屋のリフォームポイントを見ていきましょう。こちらも生活には欠かせない、家族との時間を過ごせる大切な場所ですね。

 

●リビング・ダイニング;いずれも団らんする場、コミュニケーションが深まるスペースです。ですが、なかなか広い空間が確保できなかったり、物が多くなってしまったりと狭くなりがちです。まずはテーブルやソファ類を部屋の真ん中ではなく壁側に寄せて配置してみましょう。そうすることで、空間が生まれるはずです。それでもまだ足りない・・・とお悩みの方、思い切って他の間取りと合体させてはいかがでしょうか。ただし、活用していない部屋が余っている場合に限り、です。

 

●和室;畳の部屋が1つでも欲しい、と考える方は今でも多くいらっしゃるようです。その場合に、床が畳だと冬は底冷えがしてしまうので、床暖房がオススメです。

 

●子ども部屋;子どもを中心に住まいを考えている方が圧倒的に多いと思いますが、冷静に見直すと、実際に彼らが部屋を多く使うのは小学校高学年〜成人・大学卒業までです。その点を忘れずに、彼らが家を出ていった後の状況も考えながら検討してみて下さい。広くしてあげたいと思う反面、家族とのコミュニケーションも取って欲しいという願望が親にはあります。そこで、リビングの近くに部屋を設けるとか、子ども部屋に行くには必ずリビングを通らなくてはならない造りにするとか、そういった家にしている方もいますね。

 

それから壁紙と床材は各部屋にとってなくてはならない素材です。いずれも質感・色合いだけでなく、機能面(耐水性、対摩擦性、遮音性、断熱性、吸湿性など)を考えながら、各部屋に合ったものを選んでいきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市