住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

2.5世帯住宅

2世帯住宅とは親世帯と子世帯が同居する住まいを指します。最近では核家族化が進んでいるので減ってきているとはいえ、まだまだ多いです。子世帯が共働き夫婦の家庭が多いため、親世帯に子どもの面倒や、家事の手助けをしてもらえるのが助かるという声もあります。

 

そして、ついこの間ある住宅メーカーが新しく”2.5世帯住宅”というコンセプトを打ち出しました。”2.5世帯住宅”とは、親世帯と子世帯に加え、親世帯に属する単身の子(子世帯夫婦にとっては兄弟姉妹にあたります)が同居する住まいです。今では結婚をしなかったり、晩婚だったり、というのが普通のこととして受け入れられるようになり、そのまま2世帯住宅となっている実家に住むという選択肢を取った時、”2.5世帯住宅”が成立します。その場合、それぞれのプライベートを確保するために生活空間を分ける、という造りは絶対であり基本原則となります。玄関・お風呂・キッチンは最低でも2世帯分の設備がないといけません。通常の2世帯住宅であれば、完全独立型ではなく、融合したタイプ(共有スペースが多くある)の造りもあります。それぞれの家庭の生活リズムや環境、習慣に合わせたプランニングが必要になってきますので、希望をきちんとすり合わせしましょう。

 

核家族化が悪いことだとは全く思いませんが、子どもが成長していく中で、様々な大人が身近にいる環境がその子を救ったりするケースもあるのかなと考えると、大人数での暮らしも素敵なものだと言えます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市