住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

住宅ローン控除の対象に

住宅ローン控除とは、住宅の購入時に銀行や信用金庫などの金融機関から融資(住宅ローン)を受けた場合、毎年末の「年末調整」で所得税から一定額が控除される措置を言います。控除とは、税金の算出前に一定の金額を引き、残りの金額へ税率を掛けるという方法のため、必然的に税金額が少なくなり、負担が減るのです。実はこの住宅ローン控除はリフォーム時にも適用が可能です。もちろんそれには条件があり、すべてをクリアしていないと利用できませんので、どんな場合に適用可なのかを知っておきましょう。

 

1;該当年の合計所得が3,000万円以下である

 

2;建物をリフォームしてから6ヶ月以内に入居を始め、控除を受ける年の12月31日まで住み続けている(世帯の全員でなくてもよい)

 

3;リフォーム後も登記簿上の床面積が50u以上ある

 

4;リフォームした建物の床面積の1/2以上が居住用スペースである

 

5;リフォームの施工費用が100万円以上であり、かつその中から居住用のスペースの施工にかかった費用が1/2以上である

 

6;リフォーム用ローンの借入年数が10年以上である

 

7;そのローンの借入先が金融機関、住宅金融公庫、勤務先である

 

8;建物が建築されてから20年以内であること、耐火造(鉄骨造、鉄筋コンクリート造など)であれば25年以内であること

 

以上の条件を満たしていれば、控除の対象とみなされます。控除額の計算式は、「住宅ローンの年末残高」×「控除率」=1年間の控除額、であり年によって異なりますので、税務署のHPや電話にて確認してみて下さい。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市