住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

リフォーム資金の贈与税非課税

リフォームするにあたって、両親から図らずも資金の提供を受けたという方、実はそのお金には贈与税がかからないのです。両親だけでなく祖父母も含みます。つまり直系尊属からもらった場合、非課税措置が取られることが閣議決定され、既に施行されているのです。過去になりますが、平成21年は500万円、22年は1500万円、23年は1000万円までの金額ならば贈与税はかかっていません。そして当初は平成23年末で終了となる予定でしたが、拡充・延長され、現在に至っています。

 

住まいの内容によっても、非課税となる金額が異なっていて、耐震性または省エネ性を満たす住宅であれば平成24年は1500万円、平成25年は1200万円、平成26年は1000万円と設定されています。それ以外の住宅であれば、平成24年は1000万円、平成25年は700万円、平成26年は500万円です。省エネ性や耐震性を満たしている住宅の方が優遇されているのがわかりますね。

 

その措置は平成24年1月1日〜平成26年12月31日までの贈与が対象となります。但し住宅が50u未満、240u以上の床面積を有している場合、50u〜240u以下の床面積の住宅であるが、居住スペースとして使っているのが全面積の1/2以下である場合、増改築など支払ったリフォーム工事の費用が100万円未満である場合、受け取る側が日本に住所がない場合、20歳未満である場合、年収が2000万円以上である場合は対象となりませんのでご注意下さい(東日本大震災の被災者はこの限りではありません)。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市