住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

リフォーム作業中のキズは・・・

リフォームをスタートして、工事が始まると、事業者の方々が頻繁に出入りするようになります。いろいろな機材や道具、設備を持って敷地内を移動するわけですね。そうなると新たな問題が生じる可能性が考えられますね。例えば・・・それほど頻繁に起こるわけではないのですが時々耳にする事例、「リフォーム作業中に別の箇所に傷をつけられた」や「他の家具にキズが入った」という直接関係のない部分へのダメージです。この場合、もちろん依頼した箇所だけの契約を結んでいるので、他の箇所については知りません、と言われてしまえばそれまでです。となるとやはり、事前に依頼先ときちんと取り決めを交わさなくてはいけませんし、工事開始前にその最終確認が必要となります。

 

一般的にはビニールシートやビニールテープ、布類などで養生を施し配慮してくれるのですが、その措置さえ取らない業者は要注意です。もしかしたらトラブルを他で既に起こしている可能性もあるので、調べてみましょう。

 

さて、実際に”傷”があった場合には、まず証拠として写真を撮り、日付と時刻を入れておきましょう。これは自分や家族が付けたものではない、という証明になります。それから担当者にその経緯について伝え、事情を説明し、今後どうするかを相談しましょう。彼らは補修のプロ集団でもあるので、多額の費用がかかってしまうような難しいもの以外なら、大概リペアしてくれるはずです。もし言い訳や理解しかねる理由などを並べ断ってきて、強めに言っても全く相手もひかない状況ならば、リフォームトラブルの専門家や第三者機関に相談しましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市