住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

リノベーション

リフォームについて調べると、必ず「リノベーション」という言葉も挙がってきます。近頃では住まいの特集で”リノベーション物件”という用語も見かけるようになりました。一体2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

「リノベーション」とは、その建造物が元々持っている性能以上の価値を加え、再生させることを指します。つまりリノベーションにより、基本的性能がアップするので、資産価値も比例して上がります。なので、賃貸物件であれば月々の家賃も上がりますし、売買物件であれば提示できる金額も上がります。最近、築年数が経って古くなってしまったマンションのオーナーさんがこぞって行なっているのにはそういう理由も隠されているようですね。工事は大規模になる場合が多く、工事の内容によってはスケルトン状態で行うことも。スケルトン状態とは躯体丸出しを指します。水回りの配管組み換えや移動、冷暖房など空調設備の全更新など建物の基礎部分までに工事が及ぶ場合があります。

 

比べてリフォームは”修理する””初期の状態に戻す”というニュアンスで使うケースが多いです。どちらも新しく改修し、キレイにするには変わりないのですが、厳密には違う意味です。

 

また、初期のリノベーション物件はおしゃれなデザイナーズマンション仕立てにするパターンが多かったので、中には”リノベーション”=中古物件をオシャレにする、と勘違いしている方もいますが、あくまでも資産価値が初期よりもアップしているかが焦点になるので、お間違えなく。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市