住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

武家屋敷を再生 

武家屋敷とは、武家が住んでいたお屋敷のことですが、お大名が所有していたものは大名屋敷と呼んでいました。このようなお屋敷はテレビや映画の時代劇にはよく登場するので、説明しなくてもおわかりいただけると思います。現在は下級武士の侍の住んでいた屋敷も武家屋敷と呼ぶことが多くなっているそうです。

 

ただ下級武士といわれる侍もピンからキリまであり、江戸時代は、お大名からの録(給金)のない浪人と言われる侍も多くいました。浪人とは今でいう失業者で、長屋住まいで傘貼りの内職などで生計をたてていました。戦国時代とは違って、世の中が制定されて戦の必要が無くなった江戸時代には、多くの侍が必要なかったのです。

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、武家屋敷はお城に近いほど身分の上の侍で、身分の低い武士は町屋に隣接した長屋などに住んでいました。重臣クラスの侍屋敷は門構えも立派で式台もあり、下級の武士でも書院造りの座敷などがありました。このように武家屋敷は古民家と言ってもいわゆるお屋敷と呼ばれ立派なものが残されていて、一般の人が古民家を再生してそこに住むという例はあまりなく、自治体などが武家屋敷に手を加えて保存しています。

 

武家屋敷跡が多い金沢の町は、土塀が美しい街並みが続いています。その武家屋敷との調和を守るため事業者が看板を目立たない色にするとか、木を植えて緑を添えるなどをしています。他にも色彩や建物の高さなどが詳細に決められていますが、これも地元住民の働き掛けでなったものだそうです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市