住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

古民家・再生とリフォームの違い

古民家再生と、リフォームは同じような印象を受けますが違います。

 

古民家再生とは昔の家つくりの工法や技術を遵守し、それを守り次の年代に引き継ぐものとされていますが、リフォームは部分的な家の改造の事を指します。しかし、古民家の定義そのものは曖昧なのが現実です。不動産業と、建築業では古民家に対するとらえ方大きく違い、不不動産業会では、作られた年代に関係なく古民家の感じや雰囲気があれば古民家とします。

 

建築業界が古民家として定義づけているのは、戦前の昭和20年以前に建てられた建築物であることとか、在来軸組工法 ( 木造 ).で柱と梁で骨組みが作られていて建築金物が使われていない工法で建てれられた民家をさします。

 

古民家再生の場合は、昔の建築工法はそのまま残し、次の世代に引き継ぎます。一方、古民家のリフォームは、一般のリフォームと同じく、古民家の使いにくい部分に手直しをしたり、ダメになった部分を直していくのが古民家のリフォームです。とかく昔の家は、現代の家から比べたら、とても使いにくいものになっています。トイレを作るスペースがあっても、トイレが外にあったりしますので、便利さに慣れた現代人には、外のトイレは不便すぎるでしょう。そんなところもリフォームで直していきます。

 

日本の古民家のほとんどは、木で構成されていますので、再生が比較的に容易にできます。そして、たとえ廃材が出て燃やしても有害な物質もでませんし、木は腐れば土に還るというほんとうにエコな素材です。戦後に建てられた家(古民家とは言わない)をリフォームする時は、家の廃材の量の多さに泣かせられると建築業者さんはいいます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市