住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

古民家を2世帯住宅に

古民家を2世帯住宅にリフォームして暮らしている家族がいます。古民家のほとんどが通常広々としていますので、それもいいな!と思いました。ただ、お嫁さんとお姑さんの人間関係が問題になりますが、そこのお宅のお嫁さんが言うのには、確かにお姑さんと暮らすのは大変かもしれないけれど、自分自身子供の時におじいちゃんおばあちゃんと一緒に暮らして可愛がってもらって、涙が出るほど懐かしい思い出がたくさんあるといいます。なので、我が子にもそんな思い出を残してあげるのが親の務めと思ったそうです。

 

たしかに、おじいちゃんおばあちゃんの愛情は親の愛情とはまた別のものがあります。愛情に包まれて育った子供は幸せだと思います。自分の不自由さはおいといて、我が子のためにあえてお姑さんたちと暮らすことを選んだお嫁さんも偉いと思いました。

 

というわけで、今まで住んでいた広くて使いにくい古民家のリフォームが始まりました。工務店さんの話によると、広い古民家を2世帯住宅にするお宅がけっこう増えていると聞いて、やはりと思いました。時代は変わって、お姑さんに泣かせられるお嫁さんが減ったこと、共稼ぎなら2世帯住宅に住んでいるおじいちゃんおばあちゃんに子供を見てもらえること、そしてなんといっても家賃が助かります。人間関係を上手くやれば、古民家をリフォームして住むことはメリットがたくさんあります。

 

そして、お互いのプライバシーが保てるような間取りにすることでも、人間関係の軋轢も減らせます。ただ、今現在そのような広い古民家に住んでいるおじいちゃんやおばあちゃんが少ないのが残念です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市